*Days*

JOO(じゃにーずおたくおばさん)

021

衝撃のニュースが飛び込んできた。


嵐の活動休止


わたし自身降りてからかなり月日が経っている。
嫌いになって降りたわけではなかったので
休止という字面だけ見たときは、
なんで?どうして?ほんと?なに?
と状況が飲み込めなかった。

文字だけだと冷たい感覚があった。
なにが起きたのかわからなかった。
 冷静にパニック。
同時になぜだか怖くなった。

でも色々と見ていくうちにそんな感覚もなくなった。

会見では
智くんは緊張していたように見えたが通常運転。
劣化しないよう気を付けるって、

嵐だよね。

ずーっとわたしの好きだった嵐だった。
わたしの知っている大好きだった嵐だった。

翌日櫻井翔くんがZEROで
大野くんに、何かあったら僕がフォローするからと話したと。
大野くんから連絡がきて、みんなで集まって意向を聞いたと。
大野くんの意見を受け入れたのではなく、メンバー大野智の意見を結果同じところに着地させたと。
話合いを重ねてみんなが納得いく着地点なのだと。



本当にたくさん話合いはしたのだと思った。
だって会見では結局のところみんな同じことを言うのだから。
矛盾が生じることがなかったから。
違和感がなかったから。

色々な意見があったのだろう。
当初のプランや希望とは違っただろう。
最初の気持ちはバラバラだったと思う。
でも本当にみんな同じところに着地して
同じ気持ちで会見に臨んだのだと思った。
翔くんは自分たちのことだから大変ではないと言っていたが。。。
ただ潤くんは少し寂しそうな気もした。
相葉くんは泣かないように、悟られないようにしていた気もした。
櫻井くんと二宮くんは隠せるからな。笑

よく当日まで情報が漏れなかったね。

チーム嵐素敵すぎるよ。

ニュースを見て、会見を見て、涙が止まらなかった。
なぜ涙が出てきたかって、
嵐だったから。
何年経ってもお互いを尊重できる関係だったから。
とことん、気がすむまで話し合っていける関係だったから。
いざ決定したらそれに向かって5人で同じ方向を向いて頑張れるというところ。
常々5人で嵐。1人でも欠けたら嵐ではないつて言葉本当だったんだって。
うれしかった?感動した?
よくわからないけどそんなような感情。
思い出も多かったからかな。
たくさん行ったコンサートを思い出したりもした。
本当に大好きだったからかな。
涙が止まらなかった。


あとは芸能界からも本当に温かい言葉。
コツコツ頑張ってきた結果だよね。
こんなに味方がいるとは思ってなかった。
味方たくさん。



まずはゆっくりしてから、

戻ってきてね。
絶対に。

やっぱり嫌いにはなれないんだね。
わたしにとって1番は嵐だったから。
5人じゃないとダメなんだよ。
嵐熱が冷めて落ち着いても、
担当くんが変わっても、
嵐以上に好きだと思える人は出てこない。
これはきっと塗り替えることできないんだよね。

020 セブンルール

今さらですが自分なりのおたくセブンルール


1 素直に生きる

好きって気持ちを大切にしていきたい。

今のこの感情は今だけだから今を大切に。

もちろん行動に移せないときもあります。

なるべくやらないで後悔したくないなと。


2 お友達の担当くんをお友達の前では悪口を言わない

誰しもがいると思います、あまり得意ではないタレントさん。

お友達の前ではお友達の担当くんの悪口は言わないようにしています。

だって言われたら嫌だもん。

思ったことはたまに言うけど。。。

これは自分の中では悪口ではなく、

こうしたらもっとよくなるのにな

とか

ここは変だしおかしい、ってことを言いますね。

担当くんに対してももちろん言います。


3 借金をしない

CD含めカード払いのときは手数料のかかる払い方はしないです。

自分の今あるお金の中で楽しむと決めています。

基本1回払い。

これはずっと決めています。


4 お友達や周りの人を大切に、そしてお友達の話しを聞く。 

お友達は絶対的に大切です。

そしてお友達の話しを聞くのも好きなので笑

あまりにも自分の話しばかりされたらちょっとね…

自慢的な武勇伝的なこともね…


5 へんなこがいたら、違和感を感じたら少しずつ距離を置く

護身術ですよね。

厄介ごとに巻き込まれたくはありません。

そしてなるべく初対面で個人情報はベラベラ喋らないようにしています。


6 ときには無理することも必要

このツアー、舞台は今しかないから。

来年は同じものはやらないしできないから。

尊いですね。


7  プライベートも楽しむ

昔はこれ出来なかった笑

今はお出掛けしたりしています。

ジャニーズ以外にもお金をかけたり、好きなとこを見つけようって。


番外編 お友達の幸せを見る、喜ぶ。

お友達の担当くんが近くにきたら一緒に頑張りたいし、幸せになってもらいたいです。



実生活でもこのルール当てはまったりしてます。

019 なな

祝!!7周年 おめでとう*\(^o^)/*

もう7年か………
早いですね。

今年はサマパラがない代わり?に
24時間テレビという大仕事を成し遂げ
成長したのかなと、そんな親心です。

わたしの勝手な意見なのですが
Sexy Zoneには1歩ずつ1段ずつ
着実に進んでいってほしいんですよね。
東京ドームでコンサートしたい!
もっと売れたい!
って思いはもちろんあるのだろうけど、
焦らずゆっくり彼らのペースで頑張ってほしいんです。
それはこの7年間ゆっくりだけど丁寧にまじめにお仕事をしてきて
味方がどんどん増えてきてるって思うんです。
ここまで頑張ってきたのに、
最初だけだね勢いよかったの。
って言われたくない。
なのでここでペースを崩さずに
今まで通り丁寧にまじめにやってほしい。
きっと身を結ぶときがくると信じています。

でも男にはきっとやらなきゃいけないときってあるんだよな。
などと思ったり。

018 10th ANNIVERSARY

菊池風磨くんが10周年を無事に迎えたとのことです。


1週間遅くなったけど

健人くんとか樹とか同期みんなまとめておめでとう←


10年って長いようで短いようで、 

あっという間に過ぎた気がするけど

振り返ってみると長い。


10年色々あったよね。

わたしの知り得ない大変なこともあったでしょう。

でもたくさん乗り越えて…

今ふまけんがまた笑い合えていることが幸せです。


ここまで好きでいるとは思わなかったよ。

本当不思議だね。

ちょっとした奇跡だと思う。


わたしはこの10年で大人になれたのかな?

成長出来てるのかな?

……。



今回のコンサート。

かっこよかったり、

なんていうか出来上がってない感じがいい。

まだ完璧である必要はないのかなって。

新しいSexy Zoneの幕開けなのかなってコンサートだった。



おめでとう♡


017 0307

菊池風磨くんお誕生日おめでとう♡


お祝いするの何回目だろう。

自分でも信じられません。笑


最初は一過性のものでそんなに長くは続かないだろうって思っていました。

でも今年もこうやって当たり前のように好きでいる。

すごいことだよね。

でもたぶん降りたときとは好きの形は変わってると思ってます。

なんだろう。不思議だね。


今も変わらず好きって思わせてくれてありがとう。



23歳の菊池くんも毎日キラキラしていますように♡



016 トップとは。

好きなアーティストランキングで

嵐は3位とのこと。


https://www.oricon.co.jp/special/2017/favorite-artist-ranking/


このランキングに対してどうこう言うつもりは全くなくて

ただ、

3位もすごくない?ってこと。

アーティストさんたくさんいるよ?

1位から順位を落としてしまったのは事実だけれど

昔の嵐なら3位も無理だった。

そして1度でも1位になれた過去があるってこと。


少し前の歌番組。

トリはもちろん嵐。

見ててなんかつらかった。

もういいよって思った。

持ち上げなくていい。

元々トリとかやるようなグループではないんだよ。


嵐はさ、5人で仲良くやってるのがいいの。

誰も見てなくても

自分たちの

自分たちらしい

ステージを作ってるところがいいの。

楽しそうにやってればそれでいいの。

個人仕事のときはしっかりした顔しているのに

5人仕事のときは安心したお顔でお仕事してる姿が好きなの。


ちょっと順位を落としただけで

人気がなくなってきた

視聴率は取れないとか

聞きたくないんだよね。


Dの嵐とかみたいにロケ行ったりとか

みんなで何かをやったりとか

もっと別なところに魅力があると思っています。

久々Aの嵐見たいなー。


相葉くんが昔言っていた

トップになりたい

ってどういうことなのかな。

相葉くんの思い描いていたトップになれたのかな。

嵐を降りるときよく考えていました。


ここまで言ってきたことは

わたしの勝手な意見なのですが。

最近もよく考えます。

トップとは何?


重いしつまらないけど

どうしても吐き出したくなりました。

015 6歳×0929

Sexy Zone 6歳\(^o^)/

まさかここまで好きでいるとは。

不思議だね。笑



あの頃わたしはただひたすら必死だった。

SUMMARY…最後の最後にいなくなり

少年たちに出ることになって、

終わったら帝劇でのお披露目。


デビューイベント

たくさんの握手会

バレー

コンサート

ABC座

その他テレビや雑誌。


最初はただただ楽しかった。

でも楽しいだけではなくなっていった。


怒涛のように過ぎていった数ヶ月。

忙しかった。

あえて深く言わないけど、“必死”でしかなかった。

Sexy Zoneを聞くとあの頃の気持ちを思い出す。


好きになったことを後悔した。

\もう降りる!/

って何回も何回も騒いだ。

(みんな迷惑かけてごめん)

当時はアンチも多かったように思えたし

実際結構叩かれてたとも思う。

見てるのもつらい時期もあった。


でもなぜか降りなかった。

もやもやな日々…。

今考えるとこんな気持ちで応援するのって違うし

言葉に出来ないけど、失礼というか。。。

なんで降りなかったんだろう。

降り先がなかったから?

わからない。


お友達がいたからってのもあるかな。

降りなかったのは。

分かってくれるお友達もいたのは大きいよね。


セクセカで1回わたしの気持ちが落ち着いた。

セクセカは1番頑張らなかったコンサートだったと思う。

あの頃は気持ちにすごくムラがあったな。

あの頃の気持ちはあまり覚えてないけど。

ムラがあったということだけは覚えてる。

今回はいいや。

って思ったってことだけは覚えてる。



今は安定。

いい意味で落ち着いてる。

特にコンサートが終わると落ち着くのだけど、

もういいや。とかはなくて本当に安定。

あの頃はこんな風になるなんてね。笑



これからはね、

勝利くんはもっと自分を出していいんじゃないかなって。

個人的には秘めすぎなのでは?と思ってる。笑


あとマリの世界観を少しでもSexy Zoneに取り入れたらいいのでは?と思っていて、

あの視点でちょっと今までと違った世界観出せたらおもしろいよね。






菊池風磨くん、

これからも好きでいさせてね♡♡